高来小学校は、創立149年(平成29年度現在)を迎えた歴史と伝統のある学校です。 校区は川内川の支流である高城川に沿うように両岸に細長く広がっており、山あり、川あり、田畑ありの自然豊かな地域です。
 国道3号線から県道341号線に入り、鹿児島本線の鉄道を越えて校区に入ると、目の前に京セラ川内工場、岡の上にはポリテクカレッジ川内の姿が見え、校区の新しい一面を知ることができます。
 校区内には、高城氏石塔群、妹背城跡、北山寺跡などの史跡や第16代横綱西の海の生誕地や墓、室町時代の画家高城秋月の碑があり、古くからの歴史を物語っています。
 本校では、「生きる力を育む特色ある学校、故郷に学ぶ学校づくり」をめざして地域に根ざした特色ある教育活動の展開を模作し、故郷の良さが生きる活動を行っています。







 ふるさとを愛し,志をもつ,心豊かな高来の子どもを育てる。






 清く 明るく たくましく





(た)助け合い 進んで学ぶ子供 (明るく)

(か)体を鍛え 心を磨く子供 (たくましく)

(き)きまりを守り 礼儀正しい子供 (清く)







  一人一人の子供を大事にする学校

  お互いの心がふれ合う 明るい学校

  教・児が生き生きと 意欲に満ちた学校

  教・児がともに汗を流し 美しく整然とした学校

  保護者や地域の期待と信頼に応える開かれた学校





  一人一人の子供を伸ばす教師

  切磋琢磨し 指導力を伸ばす教師

  子供に慕われ 信頼される教師

  保護者や地域と 手をつなぐ教師

  優しさと厳しさを 兼ね備えた教師



学年 合計
人数 16 21 15 26 16 25 119
 (平成28年9月1日現在)


16名





トップページへ