位置  薩摩川内市では一番南に位置している小学校です。
 串木野市に近く,永利のシンボル『日笠山』のふもとにあります。
 緑に囲まれ,田畑に囲まれ,自然がいっぱいの永利です。
歴史  創立133年という長い歴史です。
明治5年に床並原小学校と称し,その後
永利尋常高等小学校,永利国民学校,
永利小学校,昭和31年に川内市に合併
し,川内市立永利小学校と改称しました。
 現在は,平成16年10月の市町村合併
により,『薩摩川内市立永利小学校』と称し
ています。

 保護者の皆様も,永利小学校出身者が
多いです。
《沿革概要》 ※最近6年間

平10. 2  21世紀を背負う青少年の集い
平10. 2  「故郷の館」屋根葺き替え
平10. 9  永利小学校看板設置
平11. 1  パソコンインターネット設置
平11. 2  体育服改定
平12. 1  地区初任者研修会(特活)会場校
平12. 1  川内市PTA研究大会会場校
平12. 3  すもう場,故郷の館改修
平13. 2  体育館屋根改修
平13. 4  「人権の花」実践推進指定校
平14. 2  北校舎 特別教室増築竣工
平14. 4  農具舎設置
平14. 8  ノートパソコン40台設置
平14. 9  南校舎大規模改修竣工
平15. 4  英語大好き「かごしまっ子」育成プラン開始
平15. 4  地区指定研究協力校,心の教育,読書指導
平15. 6  「金管バンド同好会」発足
平16.10  市町村合併のため名称変更「薩摩川内市立永利小学校」
平16.12  地区指定研究協力校「心の教育(読書指導)公開研究会
平16.12  故郷の館,すもう場解体撤去