伸びを実感!学びに満ちた学校づくり
(モットー:わくわく登校・満足下校)


 長浜小学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 2学期も間もなく終わり、冬休みを迎えます。
 今年を振り返ると、児童数の減少に対応した少人数・複式学級における指導法の工夫に向けた研究会・研究授業の実施、子供綱引きの市大会・県大会での優勝、あいさつやボランティア活動に向けた意識の高まりなど、成果を上げたことに手応えを感じた年でした。また、児童・保護者・職員による長浜・青瀬・西山の3地区の行事への積極的参加においても、継続して取り組んでいます。これらの活動を支え、携わっていただいた皆様に、心より感謝申し上げます。
 12月10日は、地域行事の一つである「助八古道を歩こう会」が行われました。
小学生から高齢の方々まで約100人が、青瀬小学校跡地を出発し、ナポレオン岩が間近に迫る西山地区をめざし、およそ6qの起伏に富んだ山道を、3時間ほどかけて歩くものです。上空から見ると、下甑島を東から西に横断するコースになります。かつて貴重な生活道路だった山道を歩きながら、巨大な岩や滝、珍しい植物、周りの海を一望できる見晴らしのよさなどを楽しみつつ、山小屋や傾斜地を利用した段々畑、サツマイモを保存する「カイモ穴」など、昔の人々の知恵や努力の跡に、当時の暮らしを思い浮かべながら歩くことで、現代の便利な生活のありがたみを感じされられます。
 もうひとつの楽しみが、歩き終わった後にいただく昼食です。1年間でこの日にしか食べられない「特製助八古道弁当」と温かい豚汁は、寒さと疲れを忘れさせてくれます。この弁当には、エビやアナゴ(貝)、キンカンなど、数々の地元の食材を使った郷土料理が所狭しと並べられ、インスタ映えする外見だけでなく、味も最高の逸品です。
 年間を通して、さまざまな催しがあります。島外からも多くの方に参加していただき、甑島の素晴らしさを発見してほしいと思います。

                    平成29年12月11日
                    校 長   南 竜治

 
 <長浜小学校教育目標>  
人の心を思いやり,自ら学び,心も体もたくましい子どもを育てる  
 <平成29年度の重点課題>  
(1) 確かな学力を定着させる

   ・ 基礎的・基本的な知識や技能の確実な定着(習得・活用・探究)
   ・ 思考力・判断力・表現力の育成(基礎的・基本的な知識や技能を生かし,活用力を高める)
   ・ 学習意欲の向上と学習態度の育成(各教科等の学び方の育成,家庭学習の充 実と強化)
   ・ 複式学級・少人数学級における学習指導の工夫・改善

(2) 豊かな心の育成。

   ・ 思いやりの心と協調性の育成(道徳教育の充実と即時対応の生徒指導)
   ・ 基本的生活習慣の育成(全校体制での「あいさつ運動」,無言で精一杯の掃 除)
   ・ 実感をともなった体験活動での感動する心,感謝の気持ちの育成,規範意識 の育成

(3) たくましい心と体の育成

   ・ 体力向上や気力の高揚(教科体育の充実,日常生活でのチャレンジ運動作戦, 一校一運動)
   ・ 健康安全への意識の啓発(交通安全指導の日常化,疾病に対する予防意識の啓発)
   ・ 早寝・早起き・朝ご飯の推進と食育教育の充実


(4) 開かれた学校づくり

   ・ 家庭との連携の緊密化(教育相談、連絡帳、学校だよりほか各種通信等)
   ・ PTA活動の充実(組織の機能化、地域・幼稚園・中学校との連携)
   ・ 地域との連携による(コミュニティスクール)設立に向けた取組の充実

 
 <校舎全景:明るい笑顔が広がる学校>