伸びを実感!学びに満ちた学校づくり
(モットー:わくわく登校・満足下校)



不易と流行

 昨年中は本校のホームページを御覧いただき、誠にありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 1月8日、久しぶりに児童が登校し、学校に活気が戻ってきました。教職員も含め、全員が安全に元気に顔を合わせることができたことをありがたく思います。
 今年4月で平成の時代も幕を閉じます。「昭和」から3つ目の時代にまたがる教員生活を迎える、数少ない世代となってきました。
 2020年4月には、新しい学習指導要領が施行され、2030年代を見据えた教育が求められています。今後の世の中は、AI(人工知能)の普及拡大や国際化により大きく変わっていくと言われます。テレビのCMでも、現実的な近未来をイメージさせる映像が多く流されるようになってきました。一方で、緊迫した国交関係や経済状況の不安定さ、多発する自然災害など、懸念される課題も見られます。今の子供たちがこれからの時代をしっかりと生き抜き、よりよい世の中を築いていく大人になるために、英語科やプログラミング学習など、新たな教育活動に取り組んでいくことになります。それと同時に、困難に遭遇しても負けない強さ、相手の立場を尊重し、思いやる優しい心など、いつの時代でも失ってはいけないものを大切にしていきたいと考えます。
 自然にも人にも恵まれた、この甑島の環境の中で、本年も質の高い教育を目指していきたいと思いますので、御理解と御支援をよろしくお願いいたします。

平成31年1月            
薩摩川内市立長浜小学校 校長 南 竜治

 
 <長浜小学校教育目標>  
人の心を思いやり,自ら学び,心も体もたくましい子どもを育てる  
 <平成30年度の重点課題>  
(1) 確かな学力を定着させる

   ・ 基礎的・基本的な知識や技能の確実な定着(習得・活用・探究)
   ・ 思考力・判断力・表現力の育成(基礎的・基本的な知識や技能を生かし,活用力を高める)
   ・ 学習意欲の向上と学習態度の育成(各教科等の学び方の育成,家庭学習の充 実と強化)
   ・ 複式学級・少人数学級における学習指導の工夫・改善

(2) 豊かな心を育てる。

   ・ 思いやりの心と協調性の育成(道徳教育の充実とボランティア活動の推進)
   ・ 基本的生活習慣の育成(全校体制での「あいさつ運動」,無言で精一杯の掃 除)
   ・ 実感をともなった体験活動での感動する心,感謝の気持ちの育成,規範意識 の育成
   ・ 郷土の人材、自然、行事等を生かした、ふるさとを誇りに思う心の育成

(3) たくましい心と体を育てる。

   ・ 体力向上や気力の高揚(教科体育の充実,日常生活でのチャレンジ運動作戦, 一校一運動)
   ・ 健康安全への意識の啓発(交通安全指導の日常化,疾病に対する予防意識の啓発)
   ・ 早寝・早起き・朝ご飯の推進と食育教育の充実


(4) 開かれた学校づくりを推進する。

   ・ 家庭との連携の緊密化(教育相談、連絡帳、学校だよりほか各種通信等)
   ・ PTA活動の充実(組織の機能化、地域・幼稚園・中学校との連携)
   ・ 地域との連携による郷土教育の推進。
   ・ 学校運営協議会(コミュニティ・スクール)の推進による学校運営の充実

 
 <校舎全景:明るい笑顔が広がる学校>