昭和30年3月に,当時の校長であった,桑畑文男先生の考案で制定されました。鳩や山でデザインされています。鳩(伝書鳩)は,平和を表現すると共に伝書鳩は元に帰ってくることから,郷土を出ても郷土を忘れないで帰ってきてほしいということを,山は,黒木小から南東にそびえる矢止の山を表現し,矢止山のように児童が堂々と高く伸びてほしいという願いがこめられています。

校章
   

校歌

      黒木小学校校歌

一、 みどりさやかに 希望をのせて
   矢止のみねは 朝を呼ぶ
   燃えたつ理想 明るいひとみ
   ともにいそしむ 学びやに
   鐘が鳴る鳴る 誇りも高く
   われらは黒木小学校

二、 清いせせらぎ 野の歌そえて
   大王川の 水おどる
   求めよ心理 磨けよ心
   ともにたゆまぬ 学びやに
   日に日におこる 自立の気風
   われらは黒木小学校

三、 薫るそよ風 雲ゆく果てに
   次代をになう 決意湧く
   花さく文化 築こう郷土
   ともにつとめる 学びやに
   世界をつなぐ 使命にのびる
   われらは黒木小学校 

                           <トップページへ>