平成29年度
人権同和教育のとりくみ

本年度も、昨年度に引き続き
鹿児島県人権同和教育課の協力のもと「子どもの人権プロジェクト推進校」として 実践研究を進めています。

研究テーマ

「少人数学級における人権意識向上に向けた職員体制の確立と、
子ども一人一人の自己肯定感の育成に向けたとりくみについて」

○ 本年度も、日々行っている活動をさらに深めていくことを目標とし、職員全体で取り組める「チーム黒木」として研修・実践を深めていきます。
県人権同和教育課から先生にお越しいただき「子どもの人権プロジェクト」の推進方法について
「子どもの自尊感情の育成方法」についてなど多くのことを学び合うことができました。

平成28年度の様子から

8月2日に 人権教育について研修をしました

インターネット公開のため、個人情報保護の観点から 画像が不鮮明になるものがあります。ご了承ください。
本年度2回目の人権集会を行いました。

はじめに、なかまづくりをテーマにしたゲームを行いました。
自分の考えを出し合い、相手の考えをしっかり聞き、対話を大切にしたゲームを通して、子どもたち、教職員全員で楽しむことができました。
つづいて、各学年の代表の人権作文発表会です。
今回は、県人権同和教育課から先生にお越しいただき、子どもたちの作文発表会を聞いていただきました。
作文の講評では、子どもたち一人ひとりの考えのすばらしさを、笑顔でほめていただき、子どもたちがみんな笑顔になりました。

また、黒木小の子どもたちの「素直さ」「思いやりのあるやさしさ」が家庭・地域を明るくする「キラリ」輝くものであるから、その「キラリ」を大切にしていこうとお話いただきました。

12月9日に 人権集会「人権作文発表会」を行いました