ふるさとデータベース育英小学校区・中郷

どちらかをえらんでクリック どちらかをえらんでクリック
コース絵地図はここをクリック
<おもいっきり遊びながら3時間>
<スタート>育英小学校西門(徒歩3分)@蛭田(ひるた)児童公園(徒歩5分)A宅満寺(たくまんじ)公園(15分)B野間島(のまじま)公園(30分)C総合運動公園わんぱく広場
さあ,育英小学校西門をスタート
昔,三さ路に立っていた石かんどう
中郷でもいくつか見つけることができます


@蛭田(ひるた)児童公園
遊びもの:ぶらんこ,すべり台,砂場,鉄棒など,トイレ有り
歩く途中にポピー畑が見えます。(5月ごろが見頃)


A宅満寺(たくまんじ)公園 遊びもの:ぶらんこ,すべり台,砂場,鉄棒,トイレ有り


B野間島(のまじま)公園 ここはおすすめ,かなり遊べます
遊びもの:コンビネーション遊具,ぶらんこ,砂場,グランド,バスケットリングトイレ有り
遊具もいっぱい 広いグランドもある


C(総合運動公園内)わんぱく広場 今や川内の公園で1番の人気
遊びもの:大型コンビネーション遊具,壁登り,人工の川,しばふ広場などトイレ有り
 しばふ広場で遊んだり,お弁当を食べたり・・・。がらっぱの人形がめじるしの愛称「がラッパ公園」日曜日にはたくさんの家族づれでにぎわう。
 まだ,行ったことのない人はぜひ,一度遊びに行こう。
総合運動公園内サンアリーナ川内】
県内でも最大級の体育館です

コースを選ぶところへもどる

(ゆっくり風景をながめながら3時間)
<スタート>育英小学校西門(1分) @安国寺(あんこくじ)(2分) A川内川堤防(ていぼう)(2分) B塩水(えんすい)遡上(そじょう)対策エアレーション(15分)C歴史資料館(れきししりょうかん)・国分寺公園(10分) Dいちょうの木川親水公園 (10分)E鶴峯(つるみね)かまあと  <<ちょっと場所ははなれていますが>>桃花山浄興寺石塔群(とうかさんじょうこうじせきとうぐん)・・・わんぱく広場の上の山にある
@ 安国寺(あんこくじ) 育英小学校のとなりにあります


A 川内川堤防 ゆるやかにゆったり流れる大河の中流域
九州第2の長さをほこる川内川。源流は熊本県。熊本・宮崎・鹿児島の3県を流れ,久見崎より東シナ海へ注いでいる。中郷付近は以前は,川内川の水があふれ,水害が多かった地域である。しかし,今は,堤防が整備され,そんな心配もなくなった。


B ■2年前に取水口が上流に変更になり,役目を終えました。
川内市の水を守る
塩水遡上対策(えんすいそじょうたいさく)エアレーション(*空気のカーテン)
 ちょうど,育英小の横の川内川にある。川幅133m,河口(川内川が海にそそぐところ)から,13.8Kmのところである。ここから,ちょっと上流にある飲み水・工場で使う水,農業で使う水の「取水口」に川内川が満ちてくる時に,海水(塩水)が入り込まないように川に空気(あわ)のカーテンを作って,ふせいでいる。この空気のカーテンを作って塩水対策するしくみは,なんと,日本でただ一つしかない。
海水(塩水)のこさをはかる機械 これが”空気のカーテン”だ
エアーレーションのしくみ看板 水中写真(見学者用にかざってある)


C 歴史資料館国分寺公園 薩摩川内市の歴史が全てここにある
 歴史資料館の横には,奈良時代,南九州の中心として栄えたせんだいの中心にあった薩摩国府国分寺(国の指定文化財)あとがある。歴史資料館に行ったら国分寺あとの公園で遊ぼう。
所在地 川内市中郷2丁目22番地
п@0996−20−2344


D いちょうの木川親水公園 小さな川で水と遊ぼう


まわりの風景

育英保育園 新しい住宅地

E 鶴峯窯跡(つるみねかまあと) 国指定の文化財,薩摩国府国分寺のかわらを焼いていた
案内のかんばんもある 昔の想像図 国分寺に使われていた瓦(かわら)が焼かれていた
鶴峯窯あと 気をつけないと見逃す 今は土手になっている(2号かまあと) 
 8世紀(700〜800年)につくられた薩摩国府国分寺のかわらを焼いていた。丘の一部を利用してかまをつくっていた。1回で平かわら320枚,丸かわら320枚,合わせて460枚できた。
 また,この場所で須恵器が発見され,8世紀に鹿児島で須恵器が作られていたことを初めて証明した貴重な文化財である
ちょっとおくに1号かまあともある


桃花山浄興寺石塔群
(とうかさんじょうこうじせきとうぐん)
市指定文化財
 総合運動公園わんぱく広場の横の向山にある。わんぱく広場から歩いて片道30分,1.3Kmちょっとした登山コース
 5月に登ったがうぐいすなどの野鳥のさえずり,また,みかんの花のとってもいいにおいで坂道を登るつかれを忘れた。しかし,女の人一人で登るにはちょっとさみしい道なので注意。

 ここは,昔,僧侶(おぼうさん)の修行の場所だったお寺があったが,,1587年,豊臣秀吉が薩摩を攻めた時に,燃えてしまった。今は,薄暗い場所に,たくさんの供養の塚(おはか)が残っているだけである。北薩地方で一番古い塚も見つかっているそう。
 下の案内板には,「ふもとに千人塚という古戦場(昔戦いがあった場所)がある」と書かれていたが,わたしは,見つけることができなかった。

わんぱく広場前にある紹介文>
これを読んだら,さあ,出発
だいたい中間地点の案内ひょうしき きれいな花に心がなごむ
1300m登ったら到着 いい汗かいた・・・ 大小たくさんの塚(お墓)がある


ふるさとデータベース「育英小学校区・中郷」トップへもどる