<めざす子供像>
〜自ら学び、正しい判断力と思いやりの心を持つ子供〜(川内北中校区)
◇ やさしく: 思いやりと感謝と我慢する心をもち、命の尊さを知り、共に生きる心をもつ感性豊かな子供 
◇ かしこく: 分かる喜び、学ぶ楽しさを知り、自ら考え、主体的に問題を解決できる子供
◇ つ よ く: 進んで体を鍛え、最後までやりぬく気力・体力のある子供
<めざす学校の姿>
〜子供が行きたいと思う学校〜
◇ 明るいあいさつと返事の聞こえる学校
◇ 四季の花が咲き整然とした学校
◇ お互いが尊重しあい,温もりとめりはりのある学校
◇ 地域と家庭と共にある,安全安心できる学校
◇ 全校支援体制の確立した学校
<特色ある学校づくり>
◇ 郷土を知り,郷土を学び,郷土への思いを広げる活動
◇ 情報教育を進め,パソコンやインターネット等を活用した学習
◇ 川内川を生かした活動や周りの自然に関心をもち,詩や俳句等に親しむ活動
◇ 個に応じた学習支援による基礎学力の定着
学 年 児童数
1 年 23名
23名
2 年 25名
24名
24名
3 年 27名
27名
4 年 35名
35名
5 年 34名
35名
6 年 31名
32名
ひまわり (6名)
たんぽぽ (6名)
合計 15学級 375名
育英小学校校歌 作詞 遠矢 末義  作曲 橋口 常雄

1 源遠く流れくる 川内川のささやきは 歴史も古いわが郷の 祖先のはげみ語ります


2 その名は育英小学校 のぞみは高くいちょうの木 にわにそびえてどこまでも のびゆく力教えます

3 川霧白くこむる朝 清く正しくすこやかに 育つ子200喜びの 学校の道かよいます


4 はるかに見える紫尾山に 冬白雪のひかるとき 手をとりあって元気な子  まことの道を学びます

学校創立139年
いちょうの葉を
かたどった校章
シンボルの
大きないちょうの木
 いちょうの木と
育英小学校校舎
全校で撮った人文字
学校のすぐとなりに
流れている川内川
地域が学校
(長寿会との交流)
授業参観週間
情報モラルの学習
(テレビ会議等)
広ーい校庭が自慢
(全員集合)
確かな学力をつける
指導を工夫しています
たくましい子どもの
育成に努めます

ふるさとデータベース中郷へ


校歌を聴いてくださいここをクリック    MP3形式600KB
   








             沿革はこちら


































































































 






























































 学校長  神村 博司
 
学級数・児童数(平成29年5月現
学校・校区の概要
  明治3年4月塾制「平田学館」設立を基盤にして,同5年「第15校」,同8年「中郷小学」を経て,同11年「育英小学」と改称された。以降,「育英尋常小学校」「育英尋常高等学校」「育英国民学校」を経て,昭和 22年5から現在の「育英小学校」となり,平成22年度で創立133年目を迎えている。
 校区は,川内川の懐に抱かれた田園地帯で,以前は稲作を中心とした地域であったが,旧川内市の都市計画区画整理事業とあいまって,ここ数年,町並みは整理され,国道267号線を中心に商業地域へと変貌してきている。  
学校教育目標
 確かな学力と思いやりの心を持った心身ともにたくましく生きる子どもを育てる
 < 校 訓 >
 
やさしく  かしこく  つよく
<その他 〜学校運営に関係すること〜>
◇ 学校経営グランドデザイン           ◇ 学校アクションプラン
◇ 小中一貫教育関係
◇ 原子力防止マニュアル
◇ いじめ防止基本方針