平成26年度入学式 

新入生52名が入学しました。

入学式の式辞の中から
 皆さんは,中学生のこの時期に,「将来一人の自立した社会人として,どのような生き方をしていくか」を真剣に考え,自分の方向性を見いだしていかなければなりません。そのスタートラインに立っている今,皆さんに次の言葉を贈ります。
 一つめは,自分の可能性を求めて努力してほしいということです。
 詩人,安積得也さんの詩に次のようなものがあります。
自分の中には 自分の知らない 自分がある
みんなの中には みんなの知らない みんながある
みんな偉い みんな貴い みんなみんな 天の秘蔵っ子
人は皆,内なる可能性を秘めていますが,残念ながら,それにはなかなか気づくことができません。でも人は無限の可能性をもっています。それを才能として花開かせるには,どうすればいいでしょうか。
 それには,とにかく学ぶこと,学びあうこと,努力すること,精一杯生きること,真摯に追求していくことです。
 本気で,一生懸命に取り組む,いろいろと工夫してみる,一人で厳しければ周りの人の助けを借りながら,チャレンジしていく。そんなチャレンジ精神で,物事に取り組んだときに,皆さんが想像できないほどの大きな感動が待っています。
是非,自分の知らない才能を見つけてください。
 二つめは,思いやりのある言葉かけをしてほしいということです。
 新しい友達をたくさん作ってほしいと思いますが,どんな言葉かけをしたら,相手と仲良くなれるでしょうか。また,相手は喜ぶでしょうか。言葉は言霊と言われるように,大きな力を持っています。
 詩人,北原白秋さんの詩に次のようなものがあります。
一つの言葉で喧嘩して 一つの言葉で仲直り
一つの言葉で涙を流し 一つの言葉で笑い合い
一つの言葉で頭が下がり 一つの言葉でいがみ合う
一つの言葉はそれぞれに 一つの心を持っている
きれいな言葉はきれいな心 優しい言葉は優しい心 
 言葉は心の表れです。美しい言葉,優しい言葉,うれしい言葉が行き交う中で,仲間との絆が深まっていきます。一人一人が自分の良さを思いっきり表現し,さらにすばらしい樋脇中学校をみんなで,一緒に作っていきましょう。