11月20日(日)〜22日(土)にサッカー部員13名が韓国昌寧郡へスポーツ交流に行ってきました。試合以外にも昌寧中学校の生徒との交流や文化財見学や晩餐会もあり,韓国文化を体験しました。
薩摩川内市・昌寧郡 青少年スポーツ交流
生徒の感想
   スポーツ交流に参加して    
 僕が,今回のスポーツ交流で学んだ事はたくさんあります。
まず,文化の違いです。ご飯を食べる時は,お皿を持ってはいけない事や,食器に口を付けてはならないことに驚きました。料理も全体的に辛く,その中でもキムチは特に辛かったです。一番おいしかったのは韓国海苔でした。あまり口には合わない物もあったけれど,慣れてくるとおいしく食べることができました。また,韓国の道路は,警備があまりされていないことにも驚きました。
 さらに,お寺や石碑などを見学していくうちに,日本が戦をしていたように,韓国でも戦をしていたという事もわかってきました。
 サッカーの試合では,去年完敗していたので絶対に勝ってやろうという気持ちで戦いました。しかし,試合に入ると,みんな緊張して思うようなプレーができず,失点をかさねてしまいました。でも,みんな最後まで諦めず,薩摩川内の誇りを持って戦いました。結果,0−5で負けてしまいましたが,昌寧中の生徒と深い絆を結べたと思います。今回のこのような経験を今後の生活にいかせていけたらいいと思います。
 このような貴重な経験をさせていただいた関係者の皆様に心から感謝申し上げます。