本文へスキップ

〒895-0213
鹿児島県薩摩川内市城上町610番地TEL.0996-30-1284 FAX.0996-30-2965

学校紹介          

沿革史

教育方針

グランドデザイン
【 学校経営方針 】
 1 人権尊重と生涯学習の基礎を培う教育の推進に努める。
  (1) 自己肯定感と人権感覚を育む「自他共に認め高め合う教育環境づくり」に努め,様々な場面で,具体的な行動
に移せる生徒の育成を目指す。
  (2) 「ふるさと・コミュニケーション科」等の確かな活動を通して,地域社会で貢献する生徒の育成を目指す。
 2 生徒一人一人の持てる力の「十分な発揮と伸長」を図る教育活動の推進に努める。
  (1) 生徒の居場所感や有用感を高め,生徒の能動的な態度の育成を目指す。
   < 必須事項 >
    ア 「どの生徒にも『つまずき・困っている』ことがある」との特別支援教育の視点に立った教育実践
    イ 話し合い活動等,「能動的な学びの場(学ぶ力の育成の場)」を積極的に位置づけた教育実践
    ウ 日常的な情報共有による「学級・学年を越えた『生徒の気持ちと行動を支え導く』」組織体としての教育     実践
  (2) 生徒の自己教育力(その時,その場でどのような言動が適切であるか自分で考え,判断して実行することがで    きる能力)の向上を目指す。
   < 必須事項 >
     ○ 「機を捉えた厳しい指導」と「心を支える温もり感のあるかかわり」
 3 全教育活動の基盤となる教育環境の整備と充実に努める。「人が環境を創り,環境は人を創る。」
  (1) 「安らぎの場(設営・整理・整頓・花・歌声等)・温かい礼(あいさつ・ことば等)・メリハリの時(個と集   団活動等)」を大切にした「居心地の良い安心・安全な環境の構築」を目指す。
  (2) 確かな小中一貫教育の推進で「学校を越え,子供を支え導く教育環境の構築」を目指す。
  (3) 家庭及び地域社会と共に創る環境づくりを目指す。
   ア  近隣資源(人《学校応援団等》・自然・文化・歴史)の有効活用と情報発信
  イ  家庭や地域社会の声を活かした,生徒の自己有能感の醸成

教育目標

自ら学ぶ意欲と思いやりの心を持ち,確かな学力とコミュニケーション能力を身につけた心身共に健康でたくましく生きる生徒を育成する。 

校訓とめざす生徒像


校 訓 自 主 自ら学び,理性をもって,正しく行動する生徒 
創 造 心身ともに健康で,創造性豊かに根気強く実践する生徒 
敬 愛 明るく,素直で思いやりがあり,心豊かな生徒 

このページの先頭へ

学校だより小中一貫教育学校行事いじめ防止基本方針原子力防災マニュアル安全マップ

gyouji.htmlへのリンク

ikkan.htmlへのリンク

ikkan.htmlへのリンク